思うこと言いたいことの羅列


by aoyamaroad

批判より感謝でしょ!

朝青龍が優勝した。
朝青龍が優勝してくれて朝青龍を批判していた奴らに対してザマー見ろって思った。
少し前、内館牧子をはじめとする横綱審議委員会は自分達が思い描く「イイ子」ではない彼が疎ましくてしょうがなかった。
それを下卑たマスコミと一緒になって批判し、無能な一般人を巻き込んでマジョリティとなった。

しかし今では横綱審議委員会など存在意義すらない。

いつでも朝青龍はインタビューに対し普通の質問には普通に応じるし、バカな質問にはムカついて答える。それを面白がるマスコミ。それで顔をしかめる角界。
普通の人間だったら過去にそういうイヤミな質問ばかりする奴は覚えていて無視するのがあたりまえだろうが、彼は「馬鹿なヒト」ではなく「馬鹿な質問」に対してだけにしかキレないのが、とてもイイ人なんだなあって思う。

今回の優勝翌日のインタビューである記者が「いつやめるんですか」と気持ちを逆なでするよう質問を浴びせて「知らねーよ」という答えを引き出させ、各局こぞって放映した。
新聞に至っては「いつやめるんですか」を「現役はあと何年と考えますか」と変えて大嘘つき掲載している。
だいたい彼にとって日本語は外国語なんだから、細かいニュアンスまで求めるなよ。
難しい外国語の日本語の言葉尻ばかり追ってるな。

国技・公益法人を標榜する日本相撲協会も朝青龍が嫌いなようで優勝後、土俵上でガッツポーズをしたことに日本の国技として「品格」や「品位」が無いとコメントしているが、それだったら外国人は除外しろと言いたい。
人気回復したのは外国人のおかげなのに。外国人を入れる判断をした段階でワ-ルドスポーツだと自覚するべきだったんじゃないかと思う。

だいたい日本相撲協会のトップ、武蔵川(三重ノ海)をはじめとする歴代理事長なんて知恵も知識も統率力も無くて、つい学歴のことを口にしてしまいそうになる。

相撲も朝青龍も何も興味なかったけど、あれだけ理不尽に叩かれると擁護したくなる。
[PR]
by aoyamaroad | 2009-01-28 20:17 | シニカル