思うこと言いたいことの羅列


by aoyamaroad

<   2009年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

数年前に決まったばかりの郵政民営化。c0031305_5561250.jpg
左の円グラフを見れば分かるとおり、国民の4分の3が郵政民営化を、小泉を指示した。
そんな国民が選んだシステムなのにもうやめようとしている。
国民自身も自分の一票に責任を持たなければならない。

思うに過疎の地に住む人々のホンネは、医療や交通など生活の不便があってもその土地が好きなんだと思う。
c0031305_630842.jpgそりゃ「郵便局が必要か?」と聞かれれば、「欲しいです」と答えるだろう。
近くにあった郵便局が無くなると言われれば「不便です」と答えるだろう。
民営化反対派は、その「欲しいです」「不便です」だけを切り取って声高に訴えている。
だいたい現時点で無くなった郵便局はどこにあるのだろう。
調べてもどこにもそんな郵便局は無い。

でも何で、行政の中でも郵便局ばかりが取り上げられるのか。

それは「奴ら」の仕わざ。
小泉自民大勝で見る影もなく沈黙しかできなかった自民以外の奴ら。

c0031305_6351687.jpg自民党内で造反し辞めさせられそうになったけど詫びを入れて出戻った恥ずかしい奴ら。


c0031305_812489.jpg自民党内で造反し追い出された平沼赳夫や現・国民新党の奴ら。

こいつらが事あるごとに蒸し返す。

c0031305_822054.jpg特に平沼・亀井の恨みは半端じゃない。
追い出されるまでは政権政党で安穏と指揮を執っていたのに、こんなジジイになってから強いられたゼロスタート。

まあ実際は「郵政民営化」批判は過疎地の郵便局なんてどーでも良くて、官僚・族議員達のカネや票田という利権の奪い合いに、何も知らない田舎のおじいさん・おばあさんを利用しているだけなのだ。
c0031305_731468.jpg

卑しさが、お顔に出ちゃっている既得権復活を願う全国郵便局長会の面々のお言葉はコチラ
[PR]
by aoyamaroad | 2009-07-25 07:44 | モラル無いヤツら

宗教心 対 スケベ心

今、民主党が何を言っても知らないことを想像でしか言えないわけで現実的な政策なんて出せるわけがない。
政権を取ったあと政権政党しか知ることができない色々なことが分かって現実を知ることになるだろう。
しばらくは正しいが実現不能なことを声高に叫び続け、政権交代後は言ってしまったことに苦しみ、情けない結果に終焉を迎え、また自民党に取って代わられると予想する。
いわば、今、民主党は特攻隊の待機所みたいになっている。

その中で小沢だけは自分を守るため、当初公明党の太田と戦おうとしていた東京北区からエスケープ。
住民票さえ移す創価学会員の強力なバックアップを恐れ地元岩手へ逃げ帰った。
c0031305_835959.jpgそして代わりに、いかにもオジサン受けしそうな、元テレ朝トゥナイトの「青木愛」という女性を、比例当選した参議院から引っ張ってきた。
だけどコイツは民主党が大声で廃絶を叫んでいる天下り先の超メジャー「日本原子力研究開発機構」に出席、労をねぎらいみんなの前で挨拶までしている。
すでに言ってることとやってることが全然違うじゃん。
どうせ北区・足立区なんて東京のへき地だと思ってバカにしてるんだろう。
[PR]
by aoyamaroad | 2009-07-24 22:24 | モラル無いヤツら
だからあ、役者をやるんだったら髪の毛切れよー、江口ぃー
[PR]
by aoyamaroad | 2009-07-24 21:20 | カッコ悪いヤツら

リーマン3-3

人から聞いた話。
いつも同じ服の「きついっすよ」が口ぐせのサラリーマン。
「会社の健康診断で栄養失調で電解質が足りてないって言われたンすよ。電解質はどーしたら取れるンすか」と聞かれ、
「ポカリとか飲めばいいんじゃないですか」と答えてた他社の人。

日本のサラリーマン、ホントに電解質が足りてない。
[PR]
by aoyamaroad | 2009-07-16 05:51 | 不思議な街角

リーマン3-2

電車で座っていたら、カップルが乗ってきて隣に一つだけあいていた席に女性が座り、男がその前の吊皮を両手に一本ずつ握りながら、おもむろに話し始めた。

男:「サラリーマンはつらいなー、俺ももたないかもな。うちの会社もともと欠陥があるからさぁ。10年間やめないで残ってるの3人だけなんだよ」
女:「そうなんだ」
男:「酪農でもしようかな」

僕:それは無理だと思った。

日本のサラリーマン、だいぶ病んでいる。
[PR]
by aoyamaroad | 2009-07-16 05:46 | 不思議な街角

リーマン3-1

人に聞いた話。
電車の中で携帯をかけている若いサラリーマン。
普通だったら誰かが注意する場面だが、話している声や内容があまりに不憫で誰も文句を言える雰囲気ではなかったという。
「今月もう残業100時間こえちゃってさぁ・・・今度の休み帰れそうもなぃ・・・」
消え入りそうな声で話すその携帯のストラップに付けられている「ラブラドールレトリーバー」の足が4本ともモゲて無くなっていた・・という。

日本のサラリーマン、だいぶ疲れている。
[PR]
by aoyamaroad | 2009-07-16 05:43 | 不思議な街角

うっすいなー

「ここにいる」やつら

青山  テルマ
c0031305_223957.jpg   
加藤ミリヤ
倖田來未  
EXI  LE

中村一義
いきものがかり
モーニング娘
SOPHIA
山崎まさよし
大塚愛
[PR]
by aoyamaroad | 2009-07-14 18:23 | カッコ悪いヤツら
1996年以前のクルマが大量に捨てられる。

「エコ的な」新車購入が条件で、13年を経過した(1年以上所有している)クルマを廃車にすると25万円の補助金が貰える。
逆に13年経ってもそのまま持ち続けると自動車税が1割アップしてしまう。

エコ減税も含め、まさに自動車メーカーを助けるための施策である。
反対に中古車販売店はガンガンつぶれることだろう。

大義名分はCO2の削減。だけどものすごく不公平。
本当にCO2削減のためだったら、もっと実質的な対策が必要だと思う。
年式に関係なくキャブレター車とインジェクション車に分けるとか、1000ccはそのままで7000ccは3割アップとか。
どちらにしても新車を買おうという奴に「補助金」名目の税金投入はおかしい。

でも何で13年なのだろうか・・
それは国交省調べで (クルマの平均使用年数11年)(少し余裕をみて)(13年) ということだった。
約11年で自ら勝手に廃車するってわかったんだったらほっときゃいいじゃん。
ほっといても廃車するのに補助金出すって意味がわからない。

13年だろうが30年だろうが古いクルマなのに廃車しない人は、そのクルマが色々な意味で「心から」気に入っているからだろう。
そういうクルマを嗜好品として大切に扱う人の鼻っ面に現金をチラつかせて惑わすようなことをする「心ない」政府。
そんなクルマ好きで大切なものを選別できる「心ある」人をないがしろにし、浅ましいユーザー本位で商売をしているメーカー。
たしかにそんなユーザーは「こども店長」が好きそう。
[PR]
by aoyamaroad | 2009-07-13 18:46 | 思いつくまま

笑って語られる悲劇

大阪高槻で前のナンバーが無いクルマを警察官が発見、職質。
クルマは急発進し逃走。
3人乗りした原付バイクに激突し3人のうち2人が死亡。
むちゃくちゃな事件だな。
高槻ってろくでもないな。
[PR]
by aoyamaroad | 2009-07-11 17:22 | モラル無いヤツら