思うこと言いたいことの羅列


by aoyamaroad

<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

熊本で庭で飼っていた鹿が逃げ、たまたま前の道を歩いていたおじいさんに体当たりして山に逃げ込んだ。
おじいさんは頭を道路に強く打ち重体、鹿は猟友会により山中で射殺された。
警察は鹿を飼っていた老人夫婦から事情を聞いているという。

この一件、当事者がみんな年寄りだから客観的な判断が出来ず、まあしょうがないか・・・・・・で、かたづけていいのだろうか。

拾ってきた子鹿は大人になり緩んだ首輪から逃れ、やっと本来自分のいるべき山に、300メートル入ったところで猟友会に殺されてしまった。
一生のうちたった何時間かの自由を得ただけで殺された鹿が哀れでならない。

猟友会は本当に山に入ってまでして射殺しなければいけなかったのか。
だいたいから猟友会って何なんだろう。
HPには「有害鳥獣の駆除」とか「農林水産業に害を及ぼす鳥獣を捕獲」などと書いてあるが、レジャーハンターと化し、ガンガン撃ち殺している快感追求型のヤツもずいぶんいるだろう。

所管は環境省。環境大臣は公明党の斉藤鉄夫。
斉藤哲夫は公明党広島県本部代表であり、全国の猟友会を統括している社団法人「大日本猟友会」のドン舛井寛一会長もこれまた広島県猟友会の長だ。
環境省も斉藤も公明党も創価学会も動物のことなんかどーでもいいと思ってるのだろう。
実際、射殺対象の動物たちの具体的頭数なんてわかりっこないだろうし。
こんなホームページがあった。

人は、動物が人の生活圏を脅かしているのではなく、人が動物の生活圏を狭めていることを謙虚に考えるべきだと思う。
[PR]
by aoyamaroad | 2008-11-14 07:00 | 思いつくまま

共感するバカもいる

「Sex & the City」
セクシー、セクシーって、うるせーな。
バカみてぇ
[PR]
by aoyamaroad | 2008-11-12 16:23 | シニカル
上海ナントカにデリバリー。電話かけた。
「お電話番号のお願いします。」
「090-0000-0000です」
「住所は○○○三丁目のでよろしかったでしょうか?」
「はい」
「それではご注文のよろしくお願いします。」
どっちの方を向いていいかわからなくなった。
やって来た配達スタッフ
「お先に商品のをお渡ししてよろしいでしょうか?」

これで東西南北そろったぜ!よかったよかった。
[PR]
by aoyamaroad | 2008-11-12 16:04 | シニカル

オマエがやってみろ

神奈川県平塚市の県立神田高校で入試は合格点だったが茶髪・ピアス等、身なりに問題があるとして22人を不合格にしていたとして、県の教育委員会は校長を移動させたという。

各新聞、テレビでは学校側を批判して報道していた。

この件を神奈川県内中学の先生に聞いてみた。
神田高校は少し前まで生徒達の学力が低いうえに素行が最悪で、数年前学区制が廃止になってからはさらに荒れて県内中の悪童が集まりどうしようもない状態になっていて年間2~3クラス分の人数の生徒が退学させられていたという。

県内中学の先生は暗黙のうちに神田高校にだけは自校生徒は行かせないようにと、「神田だったら私立」と本来言ってはいけない進路指導していた。
私立と違い県立は生活態度や外見で不合格は出せず、学力テスト上位から決められた人数を入学させなければならない。
それにより集まる生徒は不良ばかりということになり頭を痛めていた学校は、そんなひっ迫した環境を打破するため校長以下、県内各中学校に対して「学力よりも性格・素行の良い生徒を神田へ」と神奈川県中を東方西走したという。

良い子がいると悪い子も良い子に変わったりもするらしく、その甲斐あって少しずつ少しずつ校内風紀は改善の兆しが見えてきたという。・・少しずつ。
「すこしずつ」そりゃそうだ、一学年全員良い子が入ってきても全学年入れ替わるのに3年かかるのだから。
そう、少しずつ少しずつ・・・やっとここまで・・

そんな時に今回の事件があったのだ。
それまでの先生方の苦労、県内各中学校の進路指導してくれた先生の配慮は今回の件でもろくも崩れてしまった。
校長はメディアのインタビューで、搾り出すように「まじめな生徒をとりたかった。」と語った。

それのどこが悪いといえるのだろうか。

そのようなことなど普段何も考えてもいないマヌケなマスコミは叩きまくる。
教育委員会は本当の事を分かっているくせに大勢に迎合する。
バカな我が子を叱ることもしない、くるくるパーの親たち。
こいつらが、先生を、学校を、そして自分たちの子どもをダメにしていく。
[PR]
by aoyamaroad | 2008-11-05 21:35 | 思いつくまま
かすかな記憶ではありますが、あんなにつまらなくて下品な芸風の林家三平を「昭和の爆笑王」って誰が言ったの?
故人に対してのいたわりの言葉なのか。
その昔、うちでは三平が出てくるとすぐにチャンネル回してたよ(古っ!)
それにも増して親のギャグを恥ずかしげもなくマネする二男林家一平のつまらなさ。
蕎麦の食い方に文句を付け、粋(いき)を人に諭して悦に浸る長男こぶ平
教育再生会議委員になって議場で「あかちゃん言葉復活」推奨するおかしな母親。
周囲に何も気を使わないヒステリックボイス峰の嫁、長女ミドリ
そんな世間ズレしたこの家族の(だんな、元だんなを含めた)その中で一番まともなのは泰葉なんじゃないかと思う。
[PR]
by aoyamaroad | 2008-11-05 20:11 | カッコ悪いヤツら
テレビショッピングで「青汁三昧」のCMが鬱陶しい。
「お一人様3箱までとさせていただきます」と言いながら3箱買った人には、まくらをプレゼント。
3箱までと言って希少性で集客したいくせに、1箱じゃなくて結局3箱買って欲しいんじゃん。
セコイまねしないで素直にお願いすればいいのに。

最近化粧品等も一般人がまるで自発的に使用して絶賛している風のCMが多い。
青汁業界(変なの)はまさにその中心。
広告倫理規定では薬や化粧品や健康補助食品、健康器具などは「効果がある」と言ったり表示してはいけないことになっている。
それをまるで購入した利用者がインタビューに答えているかのようなヤラセ芝居をいつからか臆面もなくテレビで流すようになった。
焼き鳥屋が鳥焼きながら、いきなりペットボトルに入れた青汁を客の前でゴクゴクっていう無理やりなシチュエーションのCMまである。
もしホントにそんな健康気にする塩気のなさそうな焼き鳥屋、絶対行きたくねーよ。
[PR]
by aoyamaroad | 2008-11-05 19:17 | やりたい放題バカTV