思うこと言いたいことの羅列


by aoyamaroad

マイナー名機

c0031305_4111460.jpg
RICOHのGXRというデジカメはレンジファインダーなのにレンズ交換ができる稀なカメラだ。
オープン価格で量販店では本体は5万円くらい。50mmレンズF2.5は7万5千円くらい。
レンズはほかに24mm-72mmでF2.5-4.4、28mm-300mmでF3.5-5.6がある。

ヤマダ電機にて
「GXR本体と50mmレンズがほしいんですが」
「本体とレンズは全て在庫があります。」
「テレコンバージョンとビューファインダーも付けてください」
「合計17万ほどですがポイントを使うと14万ほどになります」
「わかりました、現金払いでお願いします・・・あっレンズキャップもお願いします」
「レンズキャップは1510円です」
「おお安い!お願いします」
「すいません、レンズキャップは在庫していませんので今頼んで頂いて1週間後になります」
「えー、そうすると1週間レンズむき出しだなあ。それじゃあ1週間後に今のセットを買いますのでレンズキャップ入れておいてください」
「あの、それはできないんです。ご注文が先となります」
「15万円のモノ買うのに1500円のキャップも先に仕入れること出来ないんですか?」
「そうなんです。先にご入金いただいて予約していただくことになります」
「そうなんだぁ、それじゃあ今回はけっこうです」
後日、ネットだともっと安く、さらに3日で届くのを知ってあそこで決めないで良かったと思った。
もっと驚いたのは買おうとしていた50mmレンズにはレンズキャップが装着できないことを知ったことだった。
[PR]
by aoyamaroad | 2010-08-27 04:19 | 思いつくまま